LINE公式アカウントのタグ付けとは?設定方法や絞り込み配信などの活用法方を解説

最終更新日:

LINEタグ付けとは

MARKETING

LINE公式アカウントのタグ付け機能は、ユーザーを特定のカテゴリーに分けて管理するための便利なツールです。それでは、なぜタグ付けを利用すべきなのでしょうか?
タグ付けを行うことで、配信メッセージの対象を絞り込むことが可能になります。これにより、ユーザーの興味関心に合わせたコンテンツを提供することができます。
本記事では、具体的なタグ付けの方法やメリットについて解説していきます。タグ付け機能を使って、LINE公式アカウントをより効果的に活用してみてください。

LINE公式アカウントのタグ付けとは

LINE公式アカウントのタグ付けとは、ユーザーを特定のカテゴリーや属性に分類する機能のことです。これにより、メッセージ配信の対象を絞り込むことや顧客管理が可能となります。

顧客属性:性別、世代、居住地など

興味関心:興味のある商品カテゴリなど

来店予約:予約あり、なしなど

ステータス:会員登録の有無、会員グレードなど

このようにユーザーの属性を把握することで、ユーザーに適した情報を提供することができます。なお、LINE公式アカウントのタグ付け機能は無料で活用できます。

LINE公式アカウントでタグ付けするメリット

LINEでタグ付けする主なメリットは、以下の点です。

メッセージの反応率が上がる

単純な一斉配信をする場合、異なるニーズを持つユーザーに同じメッセージを送ることになり反応率は低くなりがちです。

タグ付けにより、ユーザーの属性や興味を反映したメッセージを配信すると、開封率や反応率が向上します。これは、ターゲットに合った情報提供ができることから、ユーザーが必要な情報を効果的に受け取ることができるためです。

配信数を絞り、コストを削減できる

LINEのメッセージ配信では、無料で配信可能なメッセージ数が決まっています。また有料で配信できるメッセージは従量課金となっており、お友だち数が多ければ多いほど配信コストがかかります。

タグ付けによって配信対象を絞り込むことにより、配信コストの削減が可能となります。

ブロックされにくくなる

ユーザーは、自分と関係のないメッセージが公式アカウントから届き続けると感じると、ブロックをする確率が高くなります。タグ付けを活用して、ユーザーにとって適切な情報のみを配信することで、ユーザーが公式アカウントをブロックするリスクを減らすことができます。これにより、長期的なユーザーコミュニケーションの維持が図れます。

チャットタグの活用方法

LINE公式アカウントを運用する際の、チャットタグの活用方法を紹介します。

メッセージ配信で絞り込みをする

LINE公式アカウントのメッセージ配信では、タグを指定してるユーザーに絞り込んでメッセージ送信することが可能です。

  • 会員にだけクーポンを送る
  • 興味があるカテゴリの商品のセール情報を配信する

このように、タグの属性に合わせてメッセージ配信を送ることが可能です。

なおチャットタグをメッセージ配信で使用するには、事前にオーディエンスを設定しておく必要があります。

ステップ配信でタグ条件に合わせて配信する

ステップ配信は、ユーザー行動を起点に事前に設定したメッセージを配信する機能です。事前にメッセージ内容や配信タイミングを設定しておくことで、メッセージを分岐することができます。

タグ付けした友だちの各セグメントに対して適切なメッセージを作成し、配信条件や日時を設定することで、効果的なコミュニケーションが可能となります。

お友だちの管理に役立つ

チャットタグは、お友だちの管理にも役立ちます。具体的には、以下のような活用方法が考えられます。

  • 予約中のユーザーに絞り込み、前日予約の電話を入れる
  • イベント参加者のフォローアップや次回イベントの案内

このようにLINE公式アカウント上でのお友だち管理が効率化され、ユーザーとのコミュニケーションがスムーズに行えます。

LINE公式アカウントのチャットタグの使い方

チャットタグは、ユーザー管理やメッセージ配信の効率化に役立つ機能です。

WEB版(PC)でのタグ付け方法

WEB版でタグを付ける方法は以下の通りです。

1. LINE公式アカウントの管理画面にログインし、左側のメニューから「お友だち一覧」を選択。

2. タグを付けたいユーザーの名前の横にあるチェックボックスをクリックし、選択。

3. 画面上部の「タグ付け」ボタンをクリック。

4. 既存のタグを選択するか、「新しいタグを作成」をクリックして新たなタグを作成。

5. タグを選択し、「適用」ボタンをクリックすることでタグ付けが完了。

注意点として、一度に付けられるタグの最大数や、タグ名に使用できる文字に制限があるため、確認が必要です。

アプリ版(スマホ)でのタグ付け方法

スマホアプリ版でタグを付ける方法は以下の通りです。

1. LINE公式アカウントアプリを開き、ホーム画面上部の「お友だち」アイコンをタップ。

2. タグを付けたいユーザーを選択し、プロフィール画面へ。

3. 画面中央にある「タグ追加」ボタンをタップ。

4. 既存のタグを選択するか、「新しいタグを作成」をタップして新たなタグを作成。

5. タグを選択し、「適用」ボタンをタップすることでタグ付けが完了。

こちらも、一度に付けられるタグの最大数や、タグ名に使用できる文字に制限があるため、確認が必要です。

チャットタグを使用する際の注意点

タグ付けをする際には、次の点に注意しましょう。

タグ付けできるのは、チャットで連絡したことがある人のみ

タグ付けできる対象は、チャットで連絡したことがある人だけです。これは、タグ機能を活用して特定のユーザーと簡単にコミュニケーションを取りたい場合に便利です。

タグを追加できるのは友だち一人につき、10個まで

一人の友だちに対して、最大で10個のタグを追加できます。複数のタグを付けることで、その友だちとの関係性や興味をより詳細に把握することが可能になります。

セグメント配信に使用できるタグは10個まで

タグを利用したセグメント配信では、最大10個のタグを使用できます。これにより、ターゲットを絞り込んで効果的なメッセージを配信することができます。

タグの作成数は、最大200個まで

タグの総作成数は、最大で200個までです。タグはユーザー管理や効果的なメッセージ配信に役立ちますが、管理が煩雑にならないように作成数に制限があります。

タグ付けは自動化できない

LINE公式アカウントではタグ付けは手動で行う必要があり、自動化はできません。ユーザーから得た情報をもとに手動でタグ付けをおこないます。

タグ付け機能をもっと活用するには

LINE公式アカウントで使用できるタグ付け機能ですが、タグの作成数の制限がある他、タグを手動で設定する必要があります。お友だち登録者数が増えると、より高度なタグ設定やタグ付けの自動化による業務効率化も課題になっているのではないでしょうか?

そこで活躍するのがLINE拡張ツールです。LINE拡張ツールはLINE公式アカウントのタグ機能を拡張し、顧客ニーズに合わせた施策を実現できるようになります。

弊社では、LINE拡張ツールのMicoCloud(ミコクラウド)を提供しています。アンケート機能などを使用し、タグ付けを自動化したり、タグをより詳細に設定可能です。

LINE拡張ツールのMicoCloud(ミコクラウド)

まとめ

LINE公式アカウントのタグ付け機能について解説しました。

タグ付け機能を活用することで、セグメント配信や顧客管理が実現できます。実際にタグ付けを試していただき、LINE公式アカウントの効果を高めましょう。

また弊社はLINE拡張ツールMicoCloudを提供しているだけでなく、施策立案や戦略設計などのコンサルティングから運用まで、経験豊富なスタッフが手厚くサポートし、成果創出に貢献します。

オンライン面談や各種セミナーの実施もしておりますので、少しでも気になった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事の著者

大里 紀雄Norio Osato

Micoworks株式会社

ビジネスマーケティング部 Director

大手Web制作会社にてチーフデータアナリストとして、DMPの構築および活用支援、広告運用の業務に従事。マルケトではシニアビジネスコンサルタントとして業種業界を問わず、大手企業から中小企業まで、MAツールの導入や戦略構築支援を行う。 その後、複数の事業会社で大規模カンファレンスの企画運営や、オウンドメディアの構築などのマネジメント、アジアパシフィック地域のマーケティング戦略立案や広報活動など幅広い業務を経験し、現在に至る。

LINE公式アカウント運用の教科書
成果の出るカスタマージャーニーマップ

マーケティング セミナー

    成長企業から大手企業まで

    様々な業界の企業が活用中

    •   
    •   

    MicoCloudの導入に関してご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください

    無料デモ体験無料デモ体験

    無料デモ体験する

    価格について価格について

    料金を見る
    1. LINE Technology Partner 2023
    2. LINE Sales Partner 2023

    "MicoCloud"を提供する"Micoworks株式会社"は、
    LINE公認テクノロジーパートナー、LINE公認セールスパートナーです

    BOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門1位

    BOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門 1位受賞
    BOXIL掲載ページはこちら >

    スマートキャンプ株式会社が今最も評価されているSaaSを表彰する「BOXIL SaaS AWARD2024」※においてBOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門1位を受賞しました。