LINE公式アカウントのカードタイプメッセージの使い方を徹底解説。

最終更新日:

LINE公式アカウントのカードタイプメッセージ(カルーセル形式)を徹底解説。

MARKETING

LINE公式アカウントのカードタイプメッセージの設定方法にお悩みでしょうか?

この記事では、カードタイプメッセージの概要と活用方法や設定方法を紹介しています。

LINE公式アカウントのカードタイプメッセージとは

引用:LINEキャンパス

LINE公式アカウントのカードタイプメッセージとは、カルーセル形式で複数のコンテンツをまとめて配信できるメッセージ機能です。これにより、画像やタイトル、説明文といった情報をカード形式で1つのメッセージにまとめることが可能になります。

カードのリンクをタップ、もしくはクリックする範囲が広い他、ビジュアル的な要素により、通常のメッセージよりも反応率アップが期待できます。

4種類のカードタイプと活用方法

カードタイプメッセージには、プロダクトタイプ、ロケーションタイプ、パーソンタイプ、イメージタイプの4種類があります。伝えたい情報に適したメッセージ配信が可能です。

引用:LINEキャンパス

続いてはカードタイプごとの特徴を画像を踏まえて具体的に紹介いたします。

プロダクトタイプ

プロダクトタイプは、「商品」「サービス」の紹介に適したカードタイプです。ECでおすすめの商品を紹介したり、複数のクーポンを発行するという活用方法があります。

引用:LINEキャンパス

以下のような情報を掲載できます。

  • ラベル・・・画面左上にある商品カテゴリ
  • 写真・・・商品の画像
  • カードタイトル・・・商品名
  • 説明文・・・商品の説明
  • 価格・・・商品の値段
  • アクション・・・タップしたときの動作

またアクションには、以下の動作を設定できます。

  • URL・・・URL先に遷移
  • クーポン・・・クーポン画面へ遷移
  • ショップカード・・・ショップカードに遷移
  • リサーチ・・・アンケートに遷移
  • テキスト・・・特定のテキストを送信

ロケーションタイプ

ロケーションタイプは、店舗やイベント会場など「特定の場所」を案内するのに適しています。

例えば、不動産の物件情報の紹介や来店予約したお友だちにアクセス方法を伝えるという活用方法があります。

引用:LINEキャンパス

設定できる項目

  • ラベル
  • 写真
  • カードのタイトル
  • 住所
  • 追加情報
  • アクション

パーソンタイプ

パーソンタイプは、主に「人物紹介」に活用されます。美容師、店舗スタッフや講師など、人物写真や名前、役職やプロフィールを掲載できます。

引用:LINEキャンパス

設定できる項目

  • ラベル
  • 写真
  • 名前
  • 説明文
  • アクション

イメージタイプ

イメージタイプは、「画像」の紹介に適しています。複数の画像を一度に見せる場合におすすめです。

複数のコースがある場合に、

引用:LINEキャンパス

設定できる項目

  • ラベル
  • 写真
  • アクション

以上、4つのカードタイプについて紹介いたしました。

では次に、カードタイプメッセージの設定方法をご紹介いたします。

カードタイプメッセージの設定方法

カードタイプメッセージの設定は、LINE公式アカウントマネージャーから行います。今回はプロダクトタイプを例に設定方法をご紹介いたします。

カードタイプメッセージを作成

はじめに「サイドメニュー」の「メッセージアイテム」の中にある、「カードタイプメッセージ」を選択します。そして次に、画面右上にある「作成」ボタンを押して新規のメッセージを作成します。

次に、作成するメッセージのタイトルを決め、カードタイプの横にある「選択」をクリックします。

カードタイプの候補がでますので、該当するタイプを選び、選択ボタンをクリックします。今回は、プロダクトタイプを選択します。

次にカードタイプの中身を設定していきます。例として求人情報を作成していきます。

はじめにラベル、写真、タイトルを設定します。

ラベルは求人であれば「リモート可」「週1出社」など、特定のカテゴリに分類できるテキストを入力しましょう。またラベルの色は7色から選択可能です。

続いて、カードの詳細を設定していきます。

説明文、価格、カードをタップした際のアクションを設定します。アクションは「求人票を見る」など、ユーザーに起こして欲しい行動を設定します。

これでカードを1つ設定が完了しました。続いて、2つ以上のカードを設定する方法を紹介いたします。

カードを追加する

カードを追加するには、カードタイプメッセージの作成画面で「カードを追加ボタン」先ほどと同様にカードの設定をおこないます。カードは最大で9つまで設定可能です。

もっと見るカードを追加する

もっと見るカードは、カードだけでは伝えきれない情報を伝えるためにWEBサイトへの遷移を促す場合に使用します。

テンプレートでテキストのみの「シンプル」、または「写真」を選び、アクション、タイプを設定します。すべて入力が完了したら、保存を押して完了です。

カードタイプメッセージの設定が完了したら、次は配信方法を解説します。

カードタイプメッセージの配信方法

カードタイプメッセージの配信する際は、左メニューより「メッセージ配信」>「メッセージを作成」を選択します。

次に、配信先、配信日時、高度な設定をセットします。

次にメニュー上部よりカードタイプメッセージを選択し、先ほど作成したカードタイプメッセージを選択します。

画面右端にプレビュー画面が表示されますので、作成したメッセージに崩れがないか、意図していない見え方になっていないかを確認します。

問題ないことが確認できましたら、配信ボタンを押してメッセージ配信完了です。

以上で、カードタイプメッセージの配信が完了しました。

まとめ

カードタイプメッセージは、カード型のメッセージをカルーセル形式で表示できる機能で、ビジュアルとインタラクティブ性が魅力です。配信内容に応じて4つのカードタイプの中から最適なものを選択します。

また弊社はLINEを活用したマーケティングツールMicoCloudを提供しています。施策立案や戦略設計などのコンサルティングから運用まで、経験豊富なスタッフが手厚くサポートし、成果創出に貢献します。

オンライン面談や各種セミナーの実施もしておりますので、少しでも気になった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事の著者

大里 紀雄Norio Osato

Micoworks株式会社

ビジネスマーケティング部 Director

大手Web制作会社にてチーフデータアナリストとして、DMPの構築および活用支援、広告運用の業務に従事。マルケトではシニアビジネスコンサルタントとして業種業界を問わず、大手企業から中小企業まで、MAツールの導入や戦略構築支援を行う。 その後、複数の事業会社で大規模カンファレンスの企画運営や、オウンドメディアの構築などのマネジメント、アジアパシフィック地域のマーケティング戦略立案や広報活動など幅広い業務を経験し、現在に至る。

LINE公式アカウント運用の教科書
成果の出るカスタマージャーニーマップ

マーケティング セミナー

    成長企業から大手企業まで

    様々な業界の企業が活用中

    •   
    •   

    MicoCloudの導入に関してご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください

    無料デモ体験無料デモ体験

    無料デモ体験する

    価格について価格について

    料金を見る
    1. LINE Technology Partner 2021
    2. LINE Sales Partner 2022

    "MicoCloud"を提供する"Micoworks株式会社"は、
    LINE公認テクノロジーパートナー、LINE公認セールスパートナーです

    LINE Technology Partner 2021

    BOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門 1位受賞
    BOXIL掲載ページはこちら >

    スマートキャンプ株式会社が今最も評価されているSaaSを表彰する「BOXIL SaaS AWARD2023」※においてBOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門1位を受賞しました。