「LINE Tag」とは?設置方法や効果的な活用方法を詳しく解説

最終更新日:

MARKETING

ビジネスにLINE公式アカウントやLINE広告を導入して有効活用するためには、施策の効果を分析し、改善していくことが必要です。

 

「LINE Tag」を設定すると、友だち追加の経路や商品購入などコンバージョンを計測して、ユーザーの行動を分析したり、プロモーションに活用したりすることが可能になります。

 

本記事では、LINE Tagの概要や設置方法、活用方法を解説します。

LINE Tagとは?

LINE Tagとは、LINE公式アカウントから配信されたメッセージから、どのような成果(コンバージョン)があったのかを確認するための機能です。

たとえば、メッセージ配信で掲載したリンク先のWebサイトに、指定のコードを設置することで、LINE公式アカウントの友だちがとった商品購入や会員登録などのユーザー行動を計測できます。LINE Tagを設置して成果を計測することで、どのような施策が、集客や販売促進などにつながっているのか分析できます。

ただし、LINE VOOMとリッチメニューは、LINE Tagを設置して計測できないので注意しましょう。

参照:LINE公式アカウント(旧 LINE@) – LINE Tag|LINE for Business

▼関連記事

LINE公式アカウントで効果的に集客を行うポイントとは?メリットや成功事例を紹介

LINEを活用したマーケティング戦略と成功事例を紹介!

LINEリッチメニューのデザイン方法とは?おすすめのデザインや意識するべきポイント

LINE Tagの種類

LINE Tagには、下記3種類のコードがあります。

種類機能
ベースコードユーザー行動を計測したいページに設置が必要となるコードで、サイト内のヘッダーコードに設置する。ベースコードを設置しないと計測できない。
コンバージョンコードコンバージョンを計測するためのコード。商品購入や資料請求などが完了したあとのサンクスページなどの成果地点にベースコードとセットで設置し、ベースコードの下にコンバージョンコードを配置する。
カスタムイベントコード特定のページにアクセスしたユーザーの効果測定など、さらに詳細なデータを測定したいときに利用するコード。ベースコードと一緒に設置する。

※参照:【公式】LINE広告の効果を計測する「LINE Tag」の使い方

LINE Tagを設置することで、LINE公式アカウントで配信したメッセージのコンバージョンを計測できたり、LINE広告を出稿した際に、どのクリエイティブが成果に至っていたのか確認したりすることが可能になります。

LINE公式アカウントでのLINE Tagの設置方法

LINE公式アカウントでLINE Tagを活用するとメッセージ配信の効果測定などができます。LINE公式アカウントでのLINE Tagの設置方法を解説します。

【流れ1】LINE Tagを管理画面で取得する

まずは、LINE公式アカウントの管理画面でLINE Tagの利用を開始するための設定を済ませましょう。

引用元:LINE for Business「マニュアル|LINE Tag

LINE公式アカウントの管理画面のホームで「トラッキング」を選択します。LINE Tagを利用するための注意事項を確認し、「LINE Tagの利用を開始する」をクリックしましょう。

引用元:LINE for Business「マニュアル|LINE Tag

LINE Tagの利用を開始したら、次に初期設定をします。

「LINE Tagの利用を開始する」をクリックすると上記の画面が表示されます。LINE Tagで成果を計測するためには、「トラッキング」でオンを選択します。 

LINE広告で効果測定する場合に、LINE Tagの情報を共有するときは「LINE Tagの共有」をオンにしましょう。

成果を計測するためのLINE Tagは、「ベースコード」と「イベントコード」からコードをコピーして取得することが可能です。

【流れ2】LINE Tagを設置する

効果を測定するためには、管理画面から取得したコードをWebサイト内に設置する必要があります。

必ず設置しなければいけないのが「ベースコード」です。

引用元:LINE for Business「マニュアル|コンバージョンコードを設置する

まずは、取得したベースコードを成果測定したいWebサイトのヘッダーコード(<head>~</head>)に設置します。

引用元:LINE for Business「マニュアル|コンバージョンコードを設置する

会員登録や資料請求、商品購入などを計測する場合は、ベースコードとあわせてサンクスページにコンバージョンコードを設置しましょう。基本的には、ベースコードの下にコンバージョンコードを設置しておくとよいでしょう。

通常のコンバージョンと区別して、キャンペーンなどのコンバージョンを計測したいときには、カスタムイベントコードを活用します。

引用元:LINE for Business「マニュアル|コンバージョンコードを設置する

カスタムイベントコードは、「カスタムイベント名」を半角英数字20文字以内であれば自由に設定することが可能です。イベントコード内の「CustomEvent」を変更できます。

LINE Tagで計測したデータは、LINE公式アカウントの管理画面のダッシュボードで確認できます。

▼関連記事

LINEの分析機能で出来ることとは?見方から機能の詳細まで徹底解説

LINE広告でのLINE Tagの設置方法

続いて、LINE広告でのLINE Tagの設置方法を解説します。設置までの大まかな流れは、LINE公式アカウントでの設置方法と変わりません。

【流れ1】LINE Tagを利用するための初期設定をおこなう

引用元:LINE for Business「コラム|運用テクニック

LINE Tagは広告アカウント作成完了後に取得と設置が可能になります。LINE広告の管理画面上の「トラッキング(LINE Tag)」から取得し、計測したいWebページのHTMLに各種コードを打ち込むことで計測を開始できます。

【流れ2】ベースコードを設置する

引用元:LINE for Business「コラム|運用テクニック

LINE広告で計測するためには、ベースコードをWebサイトの<head>内に設置する必要があります。または、タグマネージャーを利用して設置することも可能です。

【流れ3】コンバージョンコードとカスタムイベントコードを必要に応じて設置する

引用元:LINE for Business「コラム|運用テクニック

LINE公式アカウントでの設置方法と同様に、成果を計測するポイントにコンバージョンコードを設置します。コンバージョンコードは、ベースコードとセットで設置する必要があります。

引用元:LINE for Business「コラム|運用テクニック

必要に応じてカスタムイベントコードを設置しましょう。は、コンバージョンコードと同様にベースコードとセットで設置する必要があります。

LINE Tagの活用方法

LINE Tagは、コードの組み合わせや、オーディエンスの作成によって、さまざまなデータを取得して分析することができます。ここでは、LINE Tagの活用例を2つ紹介します。

LPや広告のクリエイティブの反響を効果測定する

LINE Tagを設置することで、どの広告クリエイティブやLPがコンバージョンにつながっているのかを計測することができます。

たとえば複数の広告クリエイティブを用意して、来店予約の効果測定を行う場合は、来店予約フォームにLINE Tagを埋め込み、どのクリエイティブを配信したときにコンバージョン率がアップするかを計測します。成果につながりやすい広告クリエイティブをもとに、訴求方法の改善に活用できます。

URLを指定して成果につながりやすいページを分析する

広告を出稿する際にも、LINE Tagが役立ちます。

たとえば、Webサイトの各ページにコードを設置すれば、LINE広告経由のユーザーが「サンクスページ」にたどり着くまでにどこで離脱しているかなどを計測することが可能です。その結果をもとに、LPや申し込みフォームのデザインを改修できます。

URLを指定してコンバージョンを計測することで、成果につながりやすいページを分析できます。

▼関連記事

LINE公式アカウントの分析機能・項目を徹底解説

まとめ

今回は、LINE Tagの基本的な設置方法や活用方法をご紹介しました。

LINE Tagを活用してさまざまなデータを蓄積し、分析することで、オーディエンスのユーザーの特性を考え、ユーザーへの訴求につながる施策やクリエイティブなどを把握することが可能になります。

ぜひLINE Tagの機能を活用して、施策内容を改善しながら、より効果的な施策を実施しましょう。

LINE運用ならMicoCloud

LINE公式アカウントの運用にお悩みの方は、ぜひMicoCloudまでお問い合わせください。MicoCloudは、LINE公式アカウントを一括管理する、LINE特化型マーケティングシステムです。

企業さまのLINE活用を成功に導くために、顧客管理・配信・分析・運用改善までを一気通貫でサポートいたします。


導入後もLINEのマーケティング活用を知り尽くしたサポートチームが継続的にアシストします。オンライン面談や各種セミナーの実施もしておりますので、少しでも気になった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

弊社のノウハウを詰め込んだLINE運用の教科書がダウンロードできますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

おすすめ記事

LINE公式アカウントの友だち追加経路・流入分析を行う方法は?

LINEを活用したマーケティング戦略と成功事例を紹介!

LINE公式アカウントでPDFファイルを送れないときの対処法とは?

LINE公式アカウントの機能とは?基本機能からオプション機能までの詳細を紹介

LINE公式アカウントはメルマガ配信できない?メルマガの代替機能や作成方法を解説

この記事の著者

大里 紀雄Norio Osato

Micoworks株式会社

ビジネスマーケティング部 Director

大手Web制作会社にてチーフデータアナリストとして、DMPの構築および活用支援、広告運用の業務に従事。マルケトではシニアビジネスコンサルタントとして業種業界を問わず、大手企業から中小企業まで、MAツールの導入や戦略構築支援を行う。 その後、複数の事業会社で大規模カンファレンスの企画運営や、オウンドメディアの構築などのマネジメント、アジアパシフィック地域のマーケティング戦略立案や広報活動など幅広い業務を経験し、現在に至る。

LINE公式アカウント運用の教科書
成果の出るカスタマージャーニーマップ

マーケティング セミナー

    成長企業から大手企業まで

    様々な業界の企業が活用中

    •   
    •   

    MicoCloudの導入に関してご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください

    無料デモ体験無料デモ体験

    無料デモ体験する

    価格について価格について

    料金を見る
    1. LINE Technology Partner 2021
    2. LINE Sales Partner 2022

    "MicoCloud"を提供する"Micoworks株式会社"は、
    LINE公認テクノロジーパートナー、LINE公認セールスパートナーです

    LINE Technology Partner 2021

    BOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門 1位受賞
    BOXIL掲載ページはこちら >

    スマートキャンプ株式会社が今最も評価されているSaaSを表彰する「BOXIL SaaS AWARD2023」※においてBOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門1位を受賞しました。