LINE通知メッセージとは?導入方法や仕組みを徹底解説

最終更新日:

LINE通知メッセージとは?導入方法や仕組みを徹底解説

MARKETING

LINE通知メッセージとは、LINEのユーザーIDを知らなくても、企業が保有する電話番号と突合してLINE上でメッセージを送信できるサービスです。

 

ユーザーは荷物の配送予定や料金案内など、友だち登録していなくても、役に立つ情報を受け取ることができます。また企業目線で見た場合は、ダイレクトメールのコスト削減、人件費削減など業務効率化を実現可能です。

 

一方で、LINE通知メッセージを導入するには、LINEヤフー株式会社から認定を受けたパートナー経由で申請する必要があります。

 

本記事では、認定パートナーであるMicoworksがLINE通知メッセージの仕組みや活用方法、導入方法を徹底解説します。これからLINE通知メッセージを利用しようと考えている、または利用しているが活用方法に悩んでいる企業の担当者様はぜひ最後までお読みください。

 

 

資料ダウンロード【LINE運用の教科書】

 

LINE通知メッセージとは?

引用:LINE通知メッセージを受信する方法(LINEみんなの使い方ガイド)

LINE通知メッセージとは、自社が保有する電話番号を用いて「LINE公式アカウントへ友だち登録していない」ユーザーに対しても利便性の高いメッセージを送ることができるサービスです。

荷物の発送連絡や公共料金の支払い通知、予約のリマインド、航空便の運行状況の案内など、ユーザーの利便性を高める情報をLINE通知メッセージを通じて配信することができます。

LINE通知メッセージの仕組み

引用:広告配信はNG!ユーザーの利便性を追求した「LINE通知メッセージ」活用(LINEヤフー for Business)

LINE通知メッセージの仕組みは、企業が保有している顧客の電話番号をLINEのメッセージサーバーへ送信し、サーバー側でLINEユーザーが登録している電話番号とマッチング。マッチングが完了すると、友だち登録していないユーザーに対しても通知メッセージが配信されます。

企業から送信される電話番号は、ハッシュ化(元のデータを不規則な文字列に変換する処理)されています。LINEヤフー株式会社は受信した文字列をメッセージ送信の宛先の照合のためだけに使用し、照合後はすぐに破棄されます。

LINE通知メッセージが配信される条件

LINE通知メッセージは、無条件に配信できるわけではありません。以下の3つの条件に当てはまっている場合にのみ、通知メッセージを送信可能です。

  • 企業から送信された電話番号と、同一の電話番号が登録されているLINEアカウントが存在する
  • 当該LINEアカウントが、LINEアプリの設定で「LINE通知メッセージ」の受信を許可している
  • 当該LINEアカウントが配信元企業のLINE公式アカウントをブロックしていない
引用:LINE通知メッセージを受信する方法(LINEみんなの使い方ガイド)

通知メッセージとSMSの違い

SMS(ショートメッセージサービス)は、LINE通知メッセージと同様に電話番号をもとに顧客にメッセージを送信できるサービスです。

スマートフォンなどの購入時にプリインストール(初期設定からインストールされている)されていることが多く、通知メッセージと同様にサービスのアカウント認証や通知に使用されることもあります。

SMSは制限が少ないことがメリットですが、一方で通知メッセージは制限をかけることでユーザーにとって安心して使用できる設計になっています。

LINE通知メッセージを活用するメリット

企業は、LINE通知メッセージを活用することでコスト削減や新規友だちの獲得、顧客満足度の向上が期待できます。

配送や配信コストを削減できる

これまで郵送物などのダイレクトメールを送っていたLINEへ代替することでコスト削減が可能です。

LINE通知メッセージの相場は1通あたり約1円で、一般的に印刷代や配送代、SMSの配信コストよりも低く抑えられます。

また、通知メッセージの送付は自動化が可能であり、人件費の削減にもつながります。

サービスへの関心度が高い友だちを増やせる

LINE通知メッセージは、企業が「友だち登録していない」ユーザーに対しても通知を送ることができるサービスです。

基本的にユーザーにとって利便性の高い通知を送ることをポリシーに作られたサービスであるため、友だちへの転換率も高い傾向にあります。

また、自社サービスを何らかの形で利用しているユーザーが通知メッセージの配信対象となるため、サービスに対する関心度が高く反応率が高い傾向であるほか、ユーザーの不安も抑えられるためブロック率も低い傾向にあります。

ユーザーの利便性が高まり満足度が向上する

ユーザーにとって通知メッセージは、予約のリマインドや支払いの案内、配送連絡など利便性の高い情報を使い勝手のよいLINE上で受け取ることができるサービスです。重要な情報を見逃さないなど、サービスに対する満足度も高くなります。

LINE通知メッセージの活用事例

通知メッセージがどのように使われているか、業界別の活用事例を紹介いたします。

美容クリニックの事例

美容クリニックでは、予約受付から来店、再来店に至るまで、コミュニケーションが途絶えてしまうポイントがあります。

予約時に取得した電話番号を用いて通知メッセージを活用し、予約のリマインドによる来店率の向上やLINE上でユーザーの温度感に合わせた対応を取ることで、歩留まり率を改善しています。

弊社が支援した実績では、通知メッセージの活用により予約数が13〜15%改善した事例もあります。

クレジットカード会社の事例

クレジットカード会社では、入金の案内に通知メッセージを活用することで、入金の遅れを回避しています。

これまで引き落としができない場合には、電話やSMSでメッセージを送っていましたが、そもそもメッセージが開封されなかったり、電話もつながらなかったりすることが多く、入金が遅れることが課題となっていました。

SMSと比べ開封率の高い通知メッセージを活用することで、案内を見てもらい、支払いもリンクをLINE公式アカウント上で発行するなど、ユーザーの利便性をあげることにより早期の入金が実現できるようになりました。

LINE通知メッセージを利用する際の注意点

LINE通知メッセージを利用する際には、次の点に注意する必要があります。

通知メッセージの利用用途は有用なものに限られている

LINE通知メッセージの利用用途は、LINEヤフー株式会社がユーザーにとって有⽤かつ適切であると判断したものに限定されます。主な利用用途は、以下のとおりです。

  • 配送通知
  • 予約通知
  • リマインド通知
  • 障害通知
  • 申し込み完了通知
  • 料金確定通知
  • 購入完了通知
  • 登録完了通知
  • 支払い完了通知

広告目的のメッセージ配信はできない

LINE通知メッセージは、営利目的および広告目的の利用が禁止されています。通知やリマインドなど、ユーザーの利便性を高めるコンテンツであることが重要です。

LINE認定パートナーから利用申請する必要がある

LINE通知メッセージを利用するには、LINEヤフー株式会社が認定した「認定パートナー」からの申請が必要です。

認定パートナーの配信ツールを通じて利用する

通知メッセージを利用するには、申請と同様に認定パートナーが提供する配信ツールを利用する必要があります。直接、自社のシステムと通知メッセージを連携することができないようになっています。

UX審査を通過する必要がある

LINE通知メッセージにて配信するコンテンツは定義されており、事前にLINEヤフー株式会社の「UX審査」に合格する必要があります。メッセージ内に、画像、動画、音声を追加することはできません。

また、審査合格後に用途の変更や内容を変更する場合は、再度審査をする必要があります。

LINE通知メッセージを導入するまでの流れ

LINE通知メッセージを導入するには、「認証済みアカウント」の取得や申請パートナー/配信ツールの選定、UX審査等が必要です。状況にもよりますが、最短でも1〜2ヶ月程度かかります。

LINE認定パートナーを選定する

通知メッセージを利用するには、LINEヤフー株式会社の認定パートナーから申請する必要があります。通知メッセージの利用申請だけでなく、LINE配信ツールの利用やUX審査も認定パートナーを経由する必要があります。実績を加味し、自社の体制に適したパートナーを探します。

LINE配信ツールを導入する

LINE配信ツールも認定パートナーが提供しているサービスを利用する必要があります。パートナー選定時には、ツールの仕様も確認しましょう。通知メッセージに対応していることはもちろん、ID連携が可能か、セキュリティが強固か、自社の体制にあっているかなど、自社の事業に適しているかを確認することが重要です。

認証済アカウントの取得する

通知メッセージを利用するには、LINE公式アカウントを「認証済アカウント」にする必要があります。「認証済アカウント」とは、LINEヤフー株式会社の審査に通過したアカウントのことです。アカウント開設時、または管理画面より認証アカウントの設定が可能です。

※未認証のアカウントの場合、通知メッセージの審査が不可となります。

UXガイドラインに沿って、利用目的やメッセージ内容を決める

通知メッセージは、審査が必要です。利用目的や配信するメッセージ内容は制限されています。

実際の審査は、以下のガイドラインに沿っておこなわれます。認定パートナーと組みUXガイドラインに沿ったメッセージを考案します。

参考:「 LINE通知メッセージUXガイドライン

認定パートナー経由でUX審査をする

メッセージ内容が確定したら、認定パートナーを通じてLINEヤフー株式会社へ審査を受けます。

審査には、最短でも5営業日かかります。余裕を持ったスケジュールでリリース計画を立てましょう。

通知メッセージの配信準備をする

UX審査に合格したら、実際に通知メッセージを配信する準備を整えます。

まとめ

LINE通知メッセージは、ユーザーにとって利便性の高い機能です。LINE公式アカウントを活用する企業にとって、業務効率化、コスト削減、友だち数の増加など、さまざまなメリットがあります。

またMicoworksは、LINEヤフー株式会社の認定パートナーです。LINE通知メッセージの審査や、LINE配信ツール「MicoCloud(ミコクラウド)」をご提供できます。また、1,000ブランド以上の支援実績があるコンサルタントが、導入だけでなく貴社のLINE運用をご支援します。

LINE通知メッセージの導入をご検討であれば、ぜひ以下よりサービスをご覧ください。

この記事の著者

大里 紀雄Norio Osato

Micoworks株式会社

ビジネスマーケティング部 Director

大手Web制作会社にてチーフデータアナリストとして、DMPの構築および活用支援、広告運用の業務に従事。マルケトではシニアビジネスコンサルタントとして業種業界を問わず、大手企業から中小企業まで、MAツールの導入や戦略構築支援を行う。 その後、複数の事業会社で大規模カンファレンスの企画運営や、オウンドメディアの構築などのマネジメント、アジアパシフィック地域のマーケティング戦略立案や広報活動など幅広い業務を経験し、現在に至る。

LINE公式アカウント運用の教科書
成果の出るカスタマージャーニーマップ

マーケティング セミナー

    成長企業から大手企業まで

    様々な業界の企業が活用中

    •   
    •   

    MicoCloudの導入に関してご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください

    無料デモ体験無料デモ体験

    無料デモ体験する

    価格について価格について

    料金を見る
    1. LINE Technology Partner 2024
    2. LINE Sales Partner 2024

    "MicoCloud"を提供する"Micoworks株式会社"は、
    LINEヤフー株式会社よりテクノロジーパートナー、セールスパートナーの認定を受けています。

    BOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門1位

    BOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門 1位受賞
    BOXIL掲載ページはこちら >

    スマートキャンプ株式会社が今最も評価されているSaaSを表彰する「BOXIL SaaS AWARD2024」※においてBOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門1位を受賞しました。