飲食店でのLINE公式アカウントの集客活用方法とは?活用すべき機能と事例を解説

最終更新日:

LINEビジネス

MARKETING

近年、LINE公式アカウントを活用して集客を行う飲食店が増えつつあります。

しかし、いざ、LINE公式アカウントを活用しようにも、どのような取り組みから始めれば良いのか分からないという方も少なくないでしょう。

 

そこで本記事では、飲食店におけるLINE公式アカウントの集客活用方法を徹底解説します。LINEの活用事例についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

LINE公式アカウントを飲食店で活用するべき理由

LINE公式アカウントは、あらゆる業種で導入され、活用されていますが、なかでも飲食店との相性に優れています。たとえば、LINE公式アカウントのショップカード機能は、紙のスタンプカードの代わりになるため、飲食店などを中心に導入されています。

また、飲食店でLINE公式アカウントを活用する理由としては、集客しやすい点があげられます。たとえば、LINE公式アカウントに友だち追加してもらえば、友だち追加後に使えるお得なクーポンを配信して来店促進につなげることも可能です。友だちが増えれば、その分メッセージ配信で集客に活用できるため、集客媒体としても役立ちます。

▼関連記事

LINE公式アカウントで効果的に集客を行うポイントとは?メリットや成功事例を紹介

LINEを活用したマーケティング戦略と成功事例を紹介!

LINE公式アカウントの集客活用方法

LINE公式アカウントを活用した飲食店でのマーケティングで導入すべき機能は、「メッセージ配信機能」「クーポン配信機能」「ショップカード機能」の3つです。それぞれの機能の特徴や集客での活用方法を紹介します。

1.メッセージ配信機能

 

引用元:LINE for Business「マニュアル|メッセージ配信を作成する

「メッセージ配信機能」とは、LINE公式アカウントを友だち追加しているユーザーに向けて、テキストや画像、スタンプ、動画などのコンテンツを配信できる機能です。新商品の宣伝やキャンペーンの告知など、旬な情報をリアルタイムに拡散できる点がメッセージ配信機能の魅力といえます。

また、ユーザーの年齢層や性別、地域などに応じて配信先を絞ったり、A/Bテストメッセージを送信したりすることも可能なため、集客などのマーケティング手法としても有効です。

▼関連記事

LINE公式アカウントのセグメント配信では何が出来るの?設定手順から活用方法までを紹介

2.クーポン配信機能

 

引用元:LINE for Business「マニュアル|クーポン

「クーポン機能」とは、ユーザーが店舗の商品やサービスを利用する際に、LINEアプリ上で使用できるクーポンのことです。使用回数や有効期限、クーポンタイプ、公開範囲などを細かく設定できるため、お店のサービス内容に適したクーポンを発行できます。

また、配信後にはクーポンの開封数や、使用したユーザーをデータ分析することができるため、次回以降のクーポン発行時にも役立てられます。

▼関連記事

LINE公式アカウントのクーポン機能の概要や活用方法を紹介

3.ショップカード機能

引用元:LINE for Business「コラム|運用テクニック

「ショップカード機能」とは、来店回数や購入額に応じて、店舗がスタンプを付与できる機能です。従来では、紙媒体で発行していたショップカードを、LINE上で管理できるようになるため、ショップカードにかかる費用を削減できます。また、割引クーポンやドリンク・デザートプレゼントなどポイント数に応じた特典も設定できるため、既存顧客のリピート率向上にも大きく寄与します。

▼関連記事

LINEポイントカード・ショップカードの活用方法は?作り方から事例を徹底解説

飲食店のLINE活用事例

ここからは、LINE公式アカウントを活用して集客に成功した飲食店の事例を紹介します。自社のLINE公式アカウントを運用する際の参考にしてください。

【活用事例1】クーポン配信やセグメント配信で再来店率の大幅向上に成功「外食チェーン」

とある外食チェーンは、既存顧客の再来店を促進するための手法としてLINE公式アカウントを導入しました。LINE公式アカウントの運用ツールの「MicoCloud」を導入し、配信したメッセージから再来店につながった数値を分析し、情報の出し分けやクーポン配津を行い、目標の2.3倍の再来店率を達成しました。

詳しい施策内容などは、以下の記事をご覧ください。

>>顧客データ収集を行い、最適な顧客体験を構築。再来店率を目標の2.3倍に

【活用事例2】ユーザーとのコミュニケーション強化で売上向上「精肉店」

店舗を構えるとある精肉店では、「店舗と顧客の双方向コミュニケーションを実現することで、売上アップにつなげたい」という目標を掲げていました。そこで、2017年12月にLINE公式アカウントを開設し、ユーザーと接点を持つ機会の増加を目指しました。

実施した施策には、「LINE公式アカウントのプロフィールを充実させるとともに、ショップカードやECショップで使えるクーポンで友だち追加を促す」「ユーザーからの質問にLINEチャットで回答し、コミュニケーションを深める」などが挙げられます。これにより、アカウント開設から約3年で2,600人の友だちを獲得することができ、現在では、新規メッセージ配信後、10分ほどでテイクアウトの予約枠が埋まるなど、売上の大幅な拡大に役立っています。

参照:https://www.linebiz.com/jp/case-study/naganumaseinikuten/

【活用事例3】ショップカード機能の活用で運用コスト削減に成功「ビアパブ」

とあるビアパブは、LINE公式アカウントを活用したユーザーとのコミュニケーション創出に成功した店舗のひとつです。

新型コロナウイルス感染拡大以降、「顧客とのコミュニケーションが取りづらい」という課題に直面していました。その解決方法として、立案されたのがLINE公式アカウントでした。

LINE公式アカウントでは、日々のメッセージ配信だけでなく、ショップカードの運用にも力を入れて取り組みました。これには、安易な割引ではなく、定期的にテイクアウトを利用してもらうことで、ユーザーとの関係性を構築するといった狙いがありました。実際に、この施策により「気軽に入れる通いやすい店」という印象を強くブランディングできています。

また、LINE公式アカウントのショップカードを活用することで、紙のショップカードを制作していた頃に比べて、材料費や人件費などの運用コストを約5%カットすることにも成功しています。

参照:https://www.linebiz.com/jp/case-study/grub/

まとめ

LINE公式アカウントを活用すれば、店舗は友だち追加をしてくれたユーザーに直接メッセージを配信できるため、効率的に集客が行えるようになります。

加えて、LINE公式アカウントのメッセージはメールマガジンよりも開封率が高いです。自社の商品を効果的に伝える機能やリピーター客の獲得に役立つ機能も多数有しているため、取り入れて損はないでしょう。

ぜひ、本記事を参考にLINE公式アカウントを導入し、リピーター獲得や売り上げ拡大につなげてください。

LINE運用ならMicoCloud

LINE公式アカウントの運用にお悩みの方は、ぜひMicoCloudまでお問い合わせください。MicoCloudは、LINE公式アカウントを一括管理する、LINE特化型マーケティングシステムです。

企業さまのLINE活用を成功に導くために、顧客管理・配信・分析・運用改善までを一気通貫でサポートいたします。


導入後もLINEのマーケティング活用を知り尽くしたサポートチームが継続的にアシストします。オンライン面談や各種セミナーの実施もしておりますので、少しでも気になった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

弊社のノウハウを詰め込んだLINE運用の教科書がダウンロードできますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

おすすめ記事

「LINE Tag」とは?設置方法や効果的な活用方法を詳しく解説

LINE公式アカウントの友だち追加経路・流入分析を行う方法は?

LINEを活用したマーケティング戦略と成功事例を紹介!

LINE公式アカウントでPDFファイルを送れないときの対処法とは?

LINE公式アカウントの機能とは?基本機能からオプション機能までの詳細を紹介

この記事の著者

大里 紀雄Norio Osato

Micoworks株式会社

ビジネスマーケティング部 Director

大手Web制作会社にてチーフデータアナリストとして、DMPの構築および活用支援、広告運用の業務に従事。マルケトではシニアビジネスコンサルタントとして業種業界を問わず、大手企業から中小企業まで、MAツールの導入や戦略構築支援を行う。 その後、複数の事業会社で大規模カンファレンスの企画運営や、オウンドメディアの構築などのマネジメント、アジアパシフィック地域のマーケティング戦略立案や広報活動など幅広い業務を経験し、現在に至る。

LINE公式アカウント運用の教科書
成果の出るカスタマージャーニーマップ

マーケティング セミナー

    成長企業から大手企業まで

    様々な業界の企業が活用中

    •   
    •   

    MicoCloudの導入に関してご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください

    無料デモ体験無料デモ体験

    無料デモ体験する

    価格について価格について

    料金を見る
    1. LINE Technology Partner 2021
    2. LINE Sales Partner 2022

    "MicoCloud"を提供する"Micoworks株式会社"は、
    LINE公認テクノロジーパートナー、LINE公認セールスパートナーです

    LINE Technology Partner 2021

    BOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門 1位受賞
    BOXIL掲載ページはこちら >

    スマートキャンプ株式会社が今最も評価されているSaaSを表彰する「BOXIL SaaS AWARD2023」※においてBOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門1位を受賞しました。