ファッション・アパレル業界でLINE公式アカウントを活用する方法とは?成功事例を紹介!

最終更新日:

LINEビジネス

MARKETING

価値観が多様化する昨今においては、個人のニーズや属性に合わせた情報を届けて、顧客の心を掴むことが売上アップや顧客形成に欠かせません。

特に、ファッション・アパレル業界においても、マーケティング施策の一環としてLINE公式アカウントを導入する企業が増えてきています。

 

本記事では、ファッション・アパレル業界でLINE公式アカウントを活用する方法・成功事例を紹介します。

ファッション・アパレル業界でLINEを活用するべき理由

LINE公式アカウントが導入される背景には、LINEのユーザー数の多さにあります。

またLINE公式アカウントでは、顧客属性やニーズに合わせたステップ配信やセグメント配信が可能です。

このようなマーケティングに役立つ機能があるため、ファッションやアパレル業界で効果的な顧客形成やリピート率、売上アップを実現すると期待されています。

アパレル業界においてLINEを活用するべき理由や、導入のメリットを詳しく見ていきます。

セグメント配信で来店率アップが期待できる

価値観の多様化が進む現代では、やみくもに情報を配信するのではなく、顧客のニーズや属性に合わせて配信内容をカスタマイズすることが必要です。

LINE公式アカウントでは、ユーザーの属性をもとに、ユーザーに合わせた情報配信ができます。

たとえば、居住地や性別、年齢といった属性によってメッセージを送信するセグメント配信や、過去のメッセージのタップ率など、ユーザーの興味に応じてメッセージを配信するオーディエンスの作成などメッセージ内容をカスタマイズ可能です。

ユーザーが求める情報を効果的に訴求できるため、実店舗への来店率やECサイトへの訪問率向上につなげることができます。

また、LINE公式アカウントを友だち追加したユーザーに対して、顧客の行動に基づいてメッセージを送るステップ配信で、再来店やリピート購入を促すことも期待できます。

実際にアパレル業界では、購入した商品のコーディネート例や、相性の良いアイテムを配信して、次回来店や追加購入を促す取り組みがおこなわれています。

個人的な好みやニーズが重要なアパレル業界だからこそ、顧客のニーズを踏まえて訴求できるLINE公式アカウントは、相性が良いと言えるでしょう。

▼関連記事

LINE公式アカウントのセグメント配信では何が出来るの?設定手順から活用方法までを紹介

LINE公式アカウントのステップ配信とは?設定手順や成功事例を紹介

クーポン配布やスタンプカードでリピート顧客を獲得できる

ファッション・アパレル業界において売上を高めるためには、新規顧客の獲得後、自店舗や自社ブランドのファンを増やしてリピート顧客を獲得する必要があります。

そのための施策として、クーポン配布が手軽におこなえて、店舗で利用できるスタンプカード機能があるLINE公式アカウントはおすすめです。

具体的には、次回来店時に使えるクーポンやお得な情報を送ったり、スタンプを集めてノベルティをプレゼントしたりといった施策があげられます。

再来店につながる施策を実施することで顧客満足度や自店舗・自社への好感度が高まり、ファン化やリピート顧客化につなげられるでしょう。

▼関連記事

LINE公式アカウントのクーポン機能の概要や活用方法を紹介

LINEポイントカード・ショップカードの活用方法は?作り方から事例を徹底解説

自動応答での問い合わせ対応で顧客満足度向上が見込める

ファッション・アパレル業界においては、商品に関しての質問や返品・交換、来店予約など、顧客から問い合わせを受ける場合があります。

しかし店舗や担当者が忙しい場合、顧客からの問い合わせへ迅速に対応できず、顧客満足度を低下させてしまう恐れがあります。

そのような課題に有効なのが、LINE公式アカウントでのBotによる自動応答システムです。

LINE公式アカウントでは、ユーザーからのメッセージへ自動的に応答するBotを導入することが可能です。

たとえば、AI応答メッセージを活用すれば、チャットでユーザーから寄せられた問い合わせに対して、メッセージ内容を学習したBotが適切な返信をすることができます。

そのため、店舗や担当者が忙しいときや営業時間外でも、顧客からの問い合わせにもスピーディーに対応可能です。

スムーズな顧客対応が実現すれば、顧客満足度が高まって、新規顧客の獲得だけではなくリピート顧客の獲得も期待できます。

さらに、Botによる自動応答を導入すれば、スタッフが問い合わせ対応を行う手間が省けて、業務効率化につながるでしょう。

▼関連記事

LINEでお問い合わせ対応をするコツとは?顧客サポートにおけるLINE活用術

LINE APIとは?できることや使い方について解説!

ファッション・アパレル業界でのユーザー集客経路

アパレル業界におけるユーザーの集客経路はさまざまですが、ここでは代表的なものとして、以下の3つを紹介します。

  • 検索エンジンでのオーガニック検索
  • メールマガジン配信
  • Instagram

3つの集客経路とLINE公式アカウントを比較したうえで、LINE公式アカウントの強みや特徴を深掘りしていきましょう。

1.検索エンジンでのオーガニック検索

検索エンジンからのオーガニック検索とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで「春服 オフィスカジュアル」「カーディガン カシミヤ」など、興味のあるワードで検索をして、自社のWebサイトにユーザーが流入することです。

検索結果の上位に自社サイトが表示されることで、自社ブランドに興味がなかったユーザーに訴求できるメリットがあります。

ただし、ユーザーがブランドを認知し、興味を持っていない場合は、自社サイトへの流入につながらない恐れもあります。

一方、LINE公式アカウントであれば、友だち追加しているユーザーに向けて情報を訴求できるため、ブランドを認知していて、興味のあるユーザーに積極的なマーケティングをおこなうことが可能です。

もちろん、LINE公式アカウントで情報を届けるためには、まず友だち登録をしてもらう必要がありますが、ブロックされない限りは継続的にメッセージを配信できます。

自社ブランドを多くの人に知ってもらう手段として、検索エンジンからのオーガニック検索による集客は有効ですが、LINE公式アカウントではブランドを認知していて、興味のあるユーザーに絞って訴求できるため、より効果的に集客することができるでしょう。

2.メルマガジ配信

ファッション・アパレル業界では、実店舗で会員登録をしたユーザーやECサイトで商品を購入したユーザーに対して、定期的にメルマガを配信する場合があります。

セールや新商品の情報を一斉に配信できるため告知や商品を訴求する際に効率が良く、多くのアパレル企業が採用してきました。

しかし、最近ではメールを日常的に利用する人が減少しているうえに、メッセージの開封率の低さを体感している企業も少なくありません。

一方、LINE公式アカウントは日常的に使用しているLINE上にメッセージが配信されるため、メッセージを読んでもらえる可能性が高いです。

メール離れが進む昨今においては、メルマガよりもLINE公式アカウントでのマーケティングがおすすめです。

▼関連記事

LINE公式アカウントはメルマガ配信できない?メルマガの代替機能や作成方法を解説

3.Instagram

アパレル企業のなかには、Instagramで新商品やセールの情報を告知したり、ライブ配信を使ってユーザーのファン化を図ったりといった事例が増えています。

視覚的な情報が重要なアパレル分野だからこそ、画像や動画でユーザーに訴求できるInstagramは、効果的な集客経路のひとつです。

しかし、Instagramでは、個々のユーザーに合わせたカスタマイズ配信はできません。

一方、LINE公式アカウントであれば、ユーザーの年代や地域などの属性にしぼってセグメント配信ができるため、顧客形成をより効率的におこまえる可能性が高くなります。

ただし、10代から20代を中心に、Instagramで情報収集するユーザーが多いため、InstagramとLINE公式アカウントをどちらも併用するのが良いでしょう。

ファッション・アパレル業界でLINEでの集客に成功した事例3選

ファッション・アパレル業界でLINE公式アカウントを活用して集客に成功した事例を3つピックアップして、導入背景や実施内容を紹介していきます。

株式会社ワンピース

  • 企業名:株式会社ワンピース
  • 従業員数:165名
  • 事業内容:アパレル

アパレル事業を営む株式会社ワンピースでは、もともとLINEによる顧客との1to1コミュニケーションをおこなっていました。

しかし、顧客とのコミュニケーションが従業員との負担になったり、予約日程を忘れてしまったりといった課題があったため、LINE活用ツールの「Micocloud」を導入することにしたのです。

Micocloud導入後は、メッセージの取りこぼしがなくなり、作業効率が上がって従業員の負担が軽減したと言います。

同社では、LINE公式アカウントの友だち登録後にマッチングしたスタイリストが、実際に店舗でコーディネートした商品画像を送ります。

その後は試着後の感想や質問を聞いて、チャットで商品購入を促す運用をしているそうです。

Micocloudの顧客分析によってセグメント配信ができるようになり、手作業で手間がかかっていた作業の効率が高まりました。

▼詳しい事例の内容は、以下をご覧ください。

MicoCloud導入で作業効率アップとスタッフの負担軽減を後押し

株式会社フォルムアイ

  • 企業名:株式会社フォルムアイ
  • 従業員数:1,600名(グループ全体)
  • 事業内容:ファッションのリフォーム・リペア・リメイクサービス

株式会社フォルムアイは、洋服のサイズ直しやファッションアイテムのリメイク・リペアをおこなうショップを経営しています。

また、ECサイトではサスティナブルな使い方ができる服飾商品を販売しています。

新聞の折込チラシやダイレクトメールで集客を行っていた同社ですが、時代が進むにつれて新聞の購読者が減り、集客効果が少なくなっていったと言います。

そこで、時代の流れに合わせてSNSで集客しようと考えて、若い世代を取り込めるLINEを導入することにしたのです。

LINE公式アカウントによる集客効果を高めるために、基本機能にはない友だちと顧客データとの連携や、ブランドに合わせて最適なセグメント配信を実施できる、LINE活用パートナーのMicocloudを導入することにしました。

Micocloudの導入後は、セグメント配信のほかに、店頭でLINE友だち追加したユーザーに対して、来店スタンプや季節ごとのクーポン配布といった取り組みを実施。

また、各店舗がLINE公式アカウントで情報配信することで、ユーザーに寄り添った情報を提供するようにしています。

今後は、顧客へのアンケート調査結果を踏まえて、さらにユーザーに合わせたセグメント配信をしていきたいそうです。

▼詳しい事例の内容は、以下をご覧ください。

MicoCloudの導入で、顧客一人ひとりに合わせた情報発信をして再来店率アップ!

株式会社中西呉服店

  • 企業名:株式会社中西呉服店
  • 従業員数:15名
  • 事業内容:呉服や和装小物の販売

株式会社中西呉服店は、呉服や和装小物、宝飾品の販売を手がける老舗企業です。

LINE公式アカウントの導入前は、ダイレクトメールや電話を使って集客をしていましたが、電話に出られないユーザーが増えたと言います。

そこで、これまでのやり方では非効率だと考え、LINE公式アカウントでの集客をおこなうことにしました。

また、従来は予約作業がスタッフの手打ちで手間がかかっていたこともあり、さらなる業務効率化を目指すためにLINE活用ツールのMicocloudを導入することにしたそうです。

Micocloudの導入後は、LINE内で予約受付業務・予約管理業務が完結するようになり、一斉配信や後追いによるナーチャリングも構築を検討しています。

また今後は、LINEの専門スタッフを配置することで、店舗スタッフの業務効率化を実現し、店頭でのユーザー対応や既存顧客のフォローに時間を充てられるようにしたいそうです。

▼詳しい事例の内容は、以下をご覧ください。

創業109年、老舗呉服店が業務効率化と販売促進を目指してMicoCloudを導入

まとめ

価値観の多様化が進んでいる現状、個人の好みに合わせた訴求が重要なファッション・アパレル業界の特性を踏まえると、顧客の属性やニーズにあわせて配信ができるLINE公式アカウントは、アパレル企業のマーケティング施策に欠かせない存在と言えます。

LINE運用・活用ツールの「Micocloud」なら、顧客情報や行動履歴に基づいて分析を行うことで、最適なコミュニケーション方法を見つけ出せます。

そして、見込み顧客の来店促進・購入促進、および既存顧客のリピート顧客化につなげて、売上アップをもたらします。

そのほかにも、LINE公式アカウントと連携したBotの構築やLINE運用のシナリオ設計など、LINEによるマーケティングを一貫して実施。

LINE公式アカウントの活用によって来店率や顧客単価を上げたい、売上を高めたいといったお悩みは、LINE活用パートナーのMicocloudまでぜひご相談ください。

\LINE公式アカウント立ち上げから戦略策定、施策改善まで全てサポート/

LINE運用ならMicoCloud

LINE公式アカウントの運用にお悩みの方は、ぜひMicoCloudまでお問い合わせください。MicoCloudは、LINE公式アカウントを一括管理する、LINE特化型マーケティングシステムです。

企業さまのLINE活用を成功に導くために、顧客管理・配信・分析・運用改善までを一気通貫でサポートいたします。

導入後もLINEのマーケティング活用を知り尽くしたサポートチームが継続的にアシストします。オンライン面談や各種セミナーの実施もしておりますので、少しでも気になった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事の著者

大里 紀雄Norio Osato

Micoworks株式会社

ビジネスマーケティング部 Director

大手Web制作会社にてチーフデータアナリストとして、DMPの構築および活用支援、広告運用の業務に従事。マルケトではシニアビジネスコンサルタントとして業種業界を問わず、大手企業から中小企業まで、MAツールの導入や戦略構築支援を行う。 その後、複数の事業会社で大規模カンファレンスの企画運営や、オウンドメディアの構築などのマネジメント、アジアパシフィック地域のマーケティング戦略立案や広報活動など幅広い業務を経験し、現在に至る。

LINE公式アカウント運用の教科書
成果の出るカスタマージャーニーマップ

成長企業から大手企業まで

様々な業界の企業が活用中

  •   
  •   

MicoCloudの導入に関してご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください

無料デモ体験無料デモ体験

無料デモ体験する

価格について価格について

料金を見る
  1. LINE Technology Partner 2023
  2. LINE Sales Partner 2023

"MicoCloud"を提供する"Micoworks株式会社"は、
LINE公認テクノロジーパートナー、LINE公認セールスパートナーです

BOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門1位

BOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門 1位受賞
BOXIL掲載ページはこちら >

スマートキャンプ株式会社が今最も評価されているSaaSを表彰する「BOXIL SaaS AWARD2024」※においてBOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門1位を受賞しました。