LINE公式アカウントで送信取り消ししたい場合の対処法とは?

最終更新日:

MARKETING

LINE公式アカウントは、顧客との接点を増やしたり、サービスや商品を訴求したりするときに役立ちます。

 

顧客に手軽にメッセージが送れる一方で、誤ったメッセージを送ってしまったときにどのように対処すればよいのかわからないものです。

本記事では、LINE公式アカウントでメッセージを誤送信してしまった際の取り消し方法を解説します。

LINE公式アカウントの送信済みメッセージは削除可能?

LINE公式アカウントで送ったメッセージは、削除できるのでしょうか?

どのようなメッセージが削除可能なのかを詳しく解説します。

どのようなメッセージであれば削除可能なのか?

LINE公式アカウントのメッセージは、2021年7月から個別チャットで送信した24時間以内のメッセージであれば削除できるようになりました。

メッセージの取消ができる条件は、以下のとおりです。

送信対象:個別チャット時間:24時間以内のメッセージ

LINE公式アカウントで削除できるのは、個別チャットで送信した24時間以内のメッセージに限ります。

ただし、24時間以内であっても受け取った相手が、削除する前にメッセージを読んでしまうこともあります。

メッセージを削除したとしても、誤送信したメッセージの内容は相手に届いてしまう可能性があると理解しておきましょう。

またLステップなど一斉送信したメッセージは取り消しできないため、複数人に送信する場合は誤りがないか内容をよく確認する必要があります。

▼関連記事

LINEメッセージ配信のコツとは?機能や活用方法を詳しく解説

メッセージを誤送信した際の対処方法

メッセージを誤送信してしまった場合は、どのような対処をすればよいのでしょうか?

個別チャットと一斉送信、それぞれの対処方法を説明します。

個別メッセージ

個別チャットで誤送信してしまった場合は、24時間以内であればメッセージを削除できます。

メッセージを削除する手順は、以下のとおりです。

  • パソコン:Web版管理画面で削除したい吹き出しの「・・・」をクリック
  • アプリ:管理アプリから削除したい吹き出しを長押しする

画像で詳しく解説します。

▼関連記事

LINE公式アカウントの管理者画面とは?操作内容や対応可能な内容を解説

【パソコン:Web版管理画面】

 

引用元:LINE株式会社 公式サイト「LINE for Business|チャット 送信取り消しを行う(Web版管理画面)

パソコンでメッセージを削除する場合は、Web版の管理画面で対応しましょう。

削除したいメッセージの吹き出しの左にある「・・・」をクリックします。表示された「送信取消」をクリックすると削除が完了します。

【アプリ:管理アプリ】

引用元:LINE株式会社 公式サイト「LINE for Business|チャット 送信取り消しを行う(管理アプリ(APP))

アプリで削除する場合は、管理アプリ上で削除しましょう。

削除したいメッセージの吹き出しを長押しすると「コピー|送信取消」表示が出ます。「送信取消」をタップすれば削除完了です。

削除したいメッセージが既読になっているときは、削除後にお詫びのメッセージを送っておきましょう。お詫びのメッセージを送っておくと、顧客に不信感を与えずにすみます。

一斉送信

一斉送信で誤送信してしまった際や、送信してから24時間経ってしまった場合は、メッセージを削除できません。そのため、迅速な対処が必要となります。

メッセージが既読になっている場合は、誠意をこめてお詫びのメッセージを送りましょう。できる限り早めにお詫びのメッセージを送り、送信相手がメッセージを読む前に対処するのが理想です。

お詫びのメッセージを送るときは、誤送信してしまった原因や今後の対策なども説明しておくとよいでしょう。

LINE公式アカウントのメッセージをミスしないための対処法

LINE公式アカウントで誤ったメッセージを送らないように事前に対処しておくことが重要です。

例えば、以下のような対策をとりましょう。

  • 社内で運用ルールを作る
  • LINE自動返信機能を利用する

ミスを防ぐ対策としては、まず社内で運用ルールを作成しておきます。例えば、誤字脱字がないか二重チェックしたり、定型文を作成しておいたりするとよいでしょう。

またLINE自動返信機能を利用すると、あらかじめ設定しておいた文言に対して自動送信(bot)を組んだり、MessagingAPIを活用して顧客のセグメントやステータスにあわせて配信設定したりできます。事前にメッセージ文を用意できるため、誤送信を減らすことにつながります。

LINEの自動返信機能については「LINEの自動返信機能とは?3つの機能や活用事例をご紹介」の記事をご覧ください。

▼関連記事

LINEチャットボットの活用方法や機能について

LINE APIとは?できることや使い方について解説!

まとめ

LINE公式アカウントは個別にメッセージのやりとりができるため、顧客と柔軟にコミュニケーションが取れるツールです。

しかしルールなどを決めずに運用してしまうと、誤送信などのミスにつながる恐れがあります

個別チャットのメッセージは、24時間以内であれば送信を取り消すことが可能です。ただし24時間を過ぎてしまったメッセージや、一斉送信したメッセージは削除できないため、内容を確認してから送信しましょう。

LINE運用ならMicoCloud

LINE公式アカウントの運用にお悩みの方は、ぜひMicoCloudまでお問い合わせください。MicoCloudは、LINE公式アカウントを一括管理する、LINE特化型マーケティングシステムです。

企業さまのLINE活用を成功に導くために、顧客管理・配信・分析・運用改善までを一気通貫でサポートいたします。


導入後もLINEのマーケティング活用を知り尽くしたサポートチームが継続的にアシストします。オンライン面談や各種セミナーの実施もしておりますので、少しでも気になった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

弊社のノウハウを詰め込んだLINE運用の教科書がダウンロードできますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

おすすめ記事

LINE公式アカウントでの個別返信する方法とは?種類ややり方を解説

LINEのリサーチ機能とは?設定手順から機能の詳細・活用方法まで

LINE@とは?使い方や料金について解説!

LINE公式アカウントのチャット機能の活用方法とは?成功事例を紹介

LINE公式のQRコードの作成方法とは?ビジネスで活用する方法を解説

この記事の著者

大里 紀雄Norio Osato

Micoworks株式会社

ビジネスマーケティング部 Director

大手Web制作会社にてチーフデータアナリストとして、DMPの構築および活用支援、広告運用の業務に従事。マルケトではシニアビジネスコンサルタントとして業種業界を問わず、大手企業から中小企業まで、MAツールの導入や戦略構築支援を行う。 その後、複数の事業会社で大規模カンファレンスの企画運営や、オウンドメディアの構築などのマネジメント、アジアパシフィック地域のマーケティング戦略立案や広報活動など幅広い業務を経験し、現在に至る。

LINE公式アカウント運用の教科書
成果の出るカスタマージャーニーマップ

マーケティング セミナー

    成長企業から大手企業まで

    様々な業界の企業が活用中

    •   
    •   

    MicoCloudの導入に関してご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください

    無料デモ体験無料デモ体験

    無料デモ体験する

    価格について価格について

    料金を見る
    1. LINE Technology Partner 2021
    2. LINE Sales Partner 2022

    "MicoCloud"を提供する"Micoworks株式会社"は、
    LINE公認テクノロジーパートナー、LINE公認セールスパートナーです

    LINE Technology Partner 2021

    BOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門 1位受賞
    BOXIL掲載ページはこちら >

    スマートキャンプ株式会社が今最も評価されているSaaSを表彰する「BOXIL SaaS AWARD2023」※においてBOXIL SaaSセクションLINEマーケティング部門1位を受賞しました。